海外調味料の中でも有名なのがエスニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数ある海外の調味料の中でも世界各国の人々に知られ、特に有名なものの一つにエスニック料理があります。イメージとしては刺激的な辛さが特徴の辛口料理と言うイメージを持っている方も少なくありません。しかしもともと本来の意味は民族料理と言う意味であり、辛い料理そのものを指す訳ではありません。
そもそもエスニック料理とはタイやベトナム、インドネシアなどの東南アジアやブラジルなどの中南米を指す料理が多く、もともとトウガラシ属は中南米が原産地でこれらの地域にたくさん唐辛子を使った料理が多かったことから必然的にエスニック料理は辛いもの、と捉えられるようになりました。
実際に辛い料理も多いのですが、その辛さに加え魚醤などの独特の風味を効かせたものやココナッツミルクなどのほのかな甘さなどが加わったものなど非常に珍しい料理が豊富にあります。酸味と辛味とレモングラスの風味が効いたタイのトムヤムクンなどはその代表格で世界三大スープの一つにも入っています。そんな少し魅惑的で摩訶不思議なエスニック料理や調味料について紹介します。

海外の魅惑の調味料をふんだんに使ったトムヤムクン

エスニック料理の代表格でもあるトムヤムクンは酸味と辛味の両方を同時に楽しむ事ができ、そこにレモングラスの風味が香るとても複雑な味わいのスープで世界3大スープの一つにも数えられる超有名エスニック料理です。
日本で広まったきっかけは、ある有名漫画原作者が広めたとされています。そんなトムヤムクンですが本場タイでは日本で言うところのお味噌汁ぐらい国民に愛されていてタイと言えばトムヤムクンと言うぐらい代名詞的な存在です。トムは煮る、ヤムは混ぜる、クンは甲殻類のエビの事で、このスープの名前の意味はエビが入ったトムヤムスープと言うことになります。
ちなみにこのトムヤムスープはとてもバリエーションが豊富で他にも鶏肉が入ったトムヤムガイ、魚の身が入ったトムヤムプラー、イカが入ったトムヤムプラームックなどがあります。

海外の調味料の中でも好き嫌いが分かれる魚醤

エスニック料理において外すことのできない海外調味料の一つに魚醤があります。これは生の魚を発酵させて作るためクセが強く好き嫌いが分かれる調味料でもあります。タイではナンプラーと呼ばれベトナムではヌクマムまたはニョクマン、カンボジアではタクトレイと呼ばれておりそれぞれの国で呼び名が違います。
それだけ東南アジアにおいてはポピュラーな調味料で無くてはならないものです。日本ではぎょしょうの呼び方の他にうおしょうゆとも呼ばれ、また塩魚汁と書いてしょっつると呼ばれる事もあります。この魚醤は発酵調味料なのでとても体に良いことが医学的にも証明されています。以前日本で大流行となったモツ鍋ブームが起きた時には健康ブームも重なりこの魚醤が一時的に日本で手に入らなくなったと言うエピソードもあります。
鉄分やカリウム、カルシウムといったミネラルやビタミン類が豊富に含まれ特に注目なのが血圧を下げ疲労回復やアルツハイマーの予防にも効果的とされるタウリンが豊富に含まれています。このように魚醤はとても栄養価が高い調味料の一つなのです。

ピックアップ記事

ビネガーは海外でメジャーな調味料

海外調味料でもとりわけ全世界で愛され人々に必要不可欠な栄養が入った万国共通の調味料、それがビネガーです。酸味は人間が生きて行くためには必要な要素であり、また酸味の効いたものを人間は無意識のうちに欲する...

オイルにも注目したい海外調味料

海外の調味料の中には油も重要なものの一つに含まれますが、その中でも海外のセレブや若い女性に絶大な人気を誇るのがココナッツオイルです。その使い方は様々で食べるのはもちろん、食用以外では肌に塗ったり、髪の...

実を自分で挽いて楽しむ海外調味料

海外調味料はとても香りが高いものがたくさんありますが、日本で売られる段階ではほとんど現物である実を挽いてから時間が経っているため少々物足りなさを感じます。そこで一番おすすめなのがミル付きで売られている...

海外調味料の中でも有名なのがエスニック

数ある海外の調味料の中でも世界各国の人々に知られ、特に有名なものの一つにエスニック料理があります。イメージとしては刺激的な辛さが特徴の辛口料理と言うイメージを持っている方も少なくありません。しかしもと...